恋愛情報『人としてどうよ? 恋人に怒りを覚える心理と上手に不満を伝えるコツ3つ』

2016年3月13日 22:00

人としてどうよ? 恋人に怒りを覚える心理と上手に不満を伝えるコツ3つ

たとえば、こんな点に注意してみてください。

●(1)NGなことはハッキリ伝える

たとえば、話しているときにスマホをいじられるのがイヤなら、まずはそれをハッキリ伝えましょう。

その指摘をせずにただ不機嫌になる人もいますが、これで問題が解決する確率はほぼゼロでしょう。「察してよ!」という態度からは何も生まれないということです。

このとき、“常識的に考えて”とか“フツーは”とか“人として”とかいうフレーズは使わないようにしてください。

「それが当然でしょ」という姿勢は反発を生みやすくなります。「あなたはどうかわからないけれど、私はそうだ」というスタンスで。

それから、ご自分が嫌なことを禁止するのではなく、ご自分がしてほしい態度を伝えるようにしましょう 。「スマホいじらないで」ではなく、「話しているときは他に何かするのをやめて聞いてほしい」というように伝えるのです。

●(2)事実や状況の話だけではなく、感情を伝える

「なんで遅刻するのよ!」「話をしているときはスマホをいじらないで!」というような指摘だけでは、あなたがどんな気持ちなのかが伝わってきません。

そうされてどんな気持ちになったのかを伝えましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.