恋愛情報『片岡愛之助、文春報道の“隠し子DNA鑑定要求”を否定するも…世間は「愛之助より文春を信じる!」の声』

2016年4月14日 15:00

片岡愛之助、文春報道の“隠し子DNA鑑定要求”を否定するも…世間は「愛之助より文春を信じる!」の声

片岡愛之助、文春報道の“隠し子DNA鑑定要求”を否定するも…世間は「愛之助より文春を信じる!」の声

2016年4月14日発売の『週刊文春』にて、歌舞伎役者・片岡愛之助さん(44)の隠し子の母親が、愛之助さんに高校2年生になる子どものDNA鑑定を要求されていると告発し、世間を騒然とさせています。

『週刊文春』の記事によれば、愛之助さんは5年前に『女性セブン』(2011年3月3日号)にて隠し子騒動を報じられた際、自分の息子だと認めたにも関わらず、以降、十何年間ものあいだ、息子と会ってご飯を食べたりメールをしたりすることすらなかったといいます。

しかも、息子の母親がDNA鑑定を要求されているという事実を知ったのは、女優の藤原紀香さん(44)と愛之助さんが結婚会見を開いた翌日だそう。

これが事実であれば、愛之助さんの不実な態度に息子の母親の怒りが爆発しても当然と言えそうです。

しかし、愛之助さんは4月14日に更新した自身のブログで、『今の時期に突然のことで、しかも事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身大変驚いております。この件に関しましては、弁護士を立て以前より話をさせて頂いております』と言及。

『週刊文春』で報じられた内容を否定した形となりましたが、具体的に記事のどの内容が“事実とかけ離れ”ているのかは明確にしていません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.