恋愛情報『片岡愛之助の“隠し子DNA鑑定”騒動に新事実! ネットでは「なら仕方ない」「結局だらしない」と賛否両論』

2016年4月22日 15:00

片岡愛之助の“隠し子DNA鑑定”騒動に新事実! ネットでは「なら仕方ない」「結局だらしない」と賛否両論

片岡愛之助の“隠し子DNA鑑定”騒動に新事実! ネットでは「なら仕方ない」「結局だらしない」と賛否両論

『事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身大変驚いております』と、歌舞伎役者・片岡愛之助さん(44)が自身のブログで語ったのは4月14日。

愛之助さんの隠し子の母親が、2016年4月14日発売の『週刊文春』にて、高校2年生になる子どものDNA鑑定を愛之助さんから要求されている、と告発した記事がきっかけです。

とはいえ、何がどう事実とかけ離れているのかについては言及しておらず、結局、DNA鑑定の要求は嘘か真か、その真相はわからないままでした。

ところが、4月21日に『女性自身』が報じた記事で、愛之助さんがブログにて「事実とかけ離れた」と語った真意が明らかになったのです。

『女性自身』の記事によると、隠し子の母親であるA子さんが、2年前にも子どもの認知を愛之助さんに求めていたものの話がまとまらず、愛之助さんと紀香さんの結婚が報じられた今年2016年、再度、子どもの認知を要求したとのこと。

その際、愛之助さんはA子さんに、『認知となれば、養子に入った片岡家の問題となり、財産分与などにも関わってくる。片岡家に理解を求めるためにも、きちんと子どものDNA鑑定をさせてほしい』と伝えたのだそうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.