恋愛情報『気合を入れたのに居酒屋!? “残念なデート”に対して慰謝料を請求できる?』

2016年8月18日 21:00

気合を入れたのに居酒屋!? “残念なデート”に対して慰謝料を請求できる?

民法709条によると、以下のように書かれています。

**********

『故意又は過失によって、他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う』

**********

簡単に言うと「わざと」や「うっかりミス」によって、他人に迷惑をかけた(権利を侵害した)場合 には、損害賠償責任を負いますよ、ということになっているわけです。

そして、民法710条を見てみると、下記のように書かれています。

**********

『……前条の規定により損害賠償の責任を負う者は、財産以外の損害に対しても、その賠償をしなければならない』

**********

例えば「不倫して妻を傷つけた」という場合は、妻に精神的な損害を与えたとして、損害賠償(慰謝料)責任を負うことになります。

●(2)デートがつまらなかったからといって慰謝料はもらえない?
このように、慰謝料が発生するか否かは、不法行為が成立するかという判断となりますが、裁判所は「傷ついた」といえば何でもかんでも不法行為が成立するとは判断しません。

「法的な保護に値する権利が侵害された」ことにより「傷ついた」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.