恋愛情報『2016年の“顔文字”がパリピすぎ!? Simejiの「顔文字大賞」が話題』

2016年12月22日 12:30

2016年の“顔文字”がパリピすぎ!? Simejiの「顔文字大賞」が話題

2016年の“顔文字”がパリピすぎ!? Simejiの「顔文字大賞」が話題

1年が終わりに近づいてくると、その年がどんな1年だったかを振り返る機会も多いですよね。
例えば流行語大賞や、今年の漢字の発表は、多くの人が注目するイベントとなっています。

同様に、キーボードでお馴染みの「Simeji」から、「顔文字大賞2016」 が発表されたのはご存知でしょうか?

今回はそんなSimeji顔文字大賞2016についてご紹介します!

●顔文字大賞って何?

実は、Simeji顔文字大賞というのは2014年に始まったばかりで、創立3年です。
顔文字役5万点の中から、今年ユーザーに一番多く使われた顔文字や話題の言葉 という点で選ばれます。
ユーザー自身が投票するものとなっていますが、今年は総投票数が約1万4000票に達しました。

●あなたは見たことある?ノミネート作品はこちら!

2016年の“顔文字”がパリピすぎ!?  Simejiの「顔文字大賞」が話題


では、今年はどういった顔文字が話題になり、ノミネートされたのでしょうか?
ノミネート作品の中から、いくつか若い人の間でも話題になった顔文字について紹介します。

「おけまる」は、女子高生など若い女性の間で「了解」という意味で使われました。

「それな」は若者の「それなー」という口癖がもと。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.