恋愛情報『お互いの本音がわかる!夫婦喧嘩を“有益”なものにするための方法』

2017年2月2日 19:30

お互いの本音がわかる!夫婦喧嘩を“有益”なものにするための方法

お互いの本音がわかる!夫婦喧嘩を“有益”なものにするための方法

【相談者:20代女性】
結婚して2年目の夫婦です。
普段あまり喧嘩をすることがないのですが、たまに喧嘩をしたときにお互いの意見が衝突して、冷静に話し合うことができません。
一度喧嘩が起きるとどちらも我が強くて引くに引けず、ほんの些細なことでも大きな喧嘩に発展してしまうこともあります。

どうしたら冷静に話し合うことができるでしょうか。

●話し合いも喧嘩も仲直りも、トレーニングが必要!普段から話し合う機会を持つ努力を

はじめまして!オンナのお悩みライターのコマツです。
“喧嘩するほど仲がいい”という言葉がありますが、私はこの言葉を「普段から喧嘩しているからお互いの本音がわかる」ということではないかと解釈しています。

逆にいえば、普段あまり喧嘩をしない夫婦は、いざ意見が衝突した時に上手に話し合う方法や仲直りする方法が見つけられないことも。
喧嘩が長引き、口をきかない期間が長くなるほど仲直りをするきっかけがわからなくなり、やがて夫婦の間に大きな溝ができてしまう場合もあります。

●世間の夫婦喧嘩の頻度は?

株式会社ジーユーエヌが全国の20~60代の既婚男女500人に行なった『夫婦の実態調査』では、20~30代における夫婦ゲンカの頻度は、「2~3か月に1回」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.