恋愛情報『産婦人科医・対馬ルリ子先生インタビュー全5回vol.5〜女性ホルモンの力をアップする 低用量ピルの驚くべきメリット』

2017年5月21日 19:30

産婦人科医・対馬ルリ子先生インタビュー全5回vol.5〜女性ホルモンの力をアップする 低用量ピルの驚くべきメリット

山際 それは必ずそうできるんですか?ずれることはない?

対馬 必ずできます。ピルが血液に乗って脳に届くと、脳が「あ、ホルモンがちゃんとあるから大丈夫だ」と判断します。排卵指令を控えるようになり、卵を育てなくてよくなり、もっとがんばれと言わなくなる。だから、脳は安心してお休み状態だし、卵巣もがんばって排卵しない。自分が出している卵巣のホルモンと飲んだホルモンとが体内でバランスをとって、みんな平和になっちゃう。ピルをずっと飲み続けているとずっとほぼ同じバランスなんです。ずっと同じ体調ってあまり女性が経験しないことですよね。だから私は飲みだしてから、なんて楽なんだろうって感動しました。

山際 それは経験してみたいですね。

対馬 それからね、出血するときも妊娠のために溜め込んだ内膜の量ではなく、少しのホルモンに反応して少し子宮の中にたまった内膜が出てくるだけだから、月経の量と痛みが全然違うんです。「え、嘘っ」ていうくらい生理の量が減るから、ナプキンも全部レギュラーか少ない日用でよくなる。全然それまで知らなかった世界が広がると、私は言いたいです。

卵巣を休ませ、エネルギーをキープする低用量ピル
産婦人科医・対馬ルリコ先生インタビュー全5回vol.1〜女性ホルモンの力をアップする 低用量ピルの驚くべきメリット


山際 それでいよいよ妊娠したいと思ったら飲むのをやめればいいのですか

対馬 そうです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.