恋愛情報『キメ手はドッグフード?「独身愛犬家」がタブーを打ち破った恋愛極意』

2013年10月23日 18:00

キメ手はドッグフード?「独身愛犬家」がタブーを打ち破った恋愛極意

キメ手はドッグフード?「独身愛犬家」がタブーを打ち破った恋愛極意


一生結婚できないばかりか彼氏もできなくなる…独身女性の代表的タブーのひとつといえば、「一人暮らしで犬を飼う」が有名。最近、これを犯したアラフォーの友人がいます。周囲の大反対を押し切り昨年からワンコを飼いはじめました!その後の彼女を興味深く観察していると、あれ?彼氏ができている!!しかも結婚の話も出始めているとか。

タブーを犯したのに、なぜ結婚まで持ち込むことができたのか?一人暮らしの犬好き、必見!

1.散歩はいつも同じ時間・同じ場所へ

大抵の人は、犬の散歩に行く時間と場所がだいたい決まっています。犬友が欲しかった彼女は、近所の人がお散歩に行きそうな場所へ行き、出会えなければ場所や時間帯を変えてみたそうです。

ほぼ毎日同じ人と顔を会わせるようになると、自然と挨拶をするようになり、気づけば話に花が咲く関係、なんて事はよくあるケースなんだとか。

2.あくまで“犬の親同士”からスタート

愛犬家の世界では飼い主自らのことをママ・パパと呼び、まるで我が子のように育てる人が多いですよね。“ママ友・パパ友”とは、複数で会ったり、2人で会ったり、たまに仲間のお家にお呼ばれしたりと、まさに幼稚園に預ける親同士のような関係に。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.