恋愛情報『「断捨離」やましたひでこ先生インタビューvol.3〜結婚と断捨離の関係にせまる!』

2017年2月1日 16:10

「断捨離」やましたひでこ先生インタビューvol.3〜結婚と断捨離の関係にせまる!

人生の一大イベントであるはずの結婚も「とりあえず」で選んでしまうと、同じことが起こるわけです。

山際

身の回りのモノを「とりあえず」で選ばない。断捨離の出番ですね。

やました

断捨離はひとつひとつのモノに向き合って、今の私にそれが必要かを問い直す作業。つまりは、自分と向き合う作業。モノは今の自分を映しだすし、空間は今の私を物語っているから。これはあなたそのものでしょう。

山際

なんだか、耳が痛いです。

やました

「どうぞどうぞ」と通された部屋が汚部屋だったら、人は居心地が悪いし、腹が立つ。ところが片づいていない部屋に帰るということは、それを毎日自分にやっているということです。反対に自分が思考を駆使してモノ選びをし、空間をクリエイトしていけばそれは自動的に自分をねぎらい、もてなしていることになるのです。

結婚へのプラスのスパイラルを作る断捨離術とは?

「断捨離」やましたひでこ先生インタビューvol.3〜結婚と断捨離の関係にせまる!


▲やました先生のご自宅のトイレ
山際

なるほど。でも、どこまで空間に対してモノを減らしたら心地よい空間ができるのか、見当がつきません。

やました

どれだけモノを持っていいのかという基準、わかりやすく言うと定員ですね。なんでも空間には定員があります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.