恋愛情報『子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】』

2020年7月30日 12:00

子育て方針の違いから口論に… 夫と妻の意見を合わせる上手な話し合い方【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#19】

「正解」を競わない

目次

・「正解」を競わない
・「根拠」を示して話し合う
・話し合うときは一方的にならない
・夫の意見を否定しない
539669843


「私は、中学受験からストレートに大学まで進学していける道があの子にとって良いと思うんだけど、夫に話しても“好きにさせてあげるのが良い”しか返ってこない。そんな適当なやり方じゃ、あの子は幸せになれないのに!」子どもの教育について、夫婦で話し合うのは良いことです。それぞれ「こう育って欲しい」という思いがあれば、なるべくそれに沿う生き方を提案することが子どものためになると思いますよね。ですが、意見が食い違うと、つい相手のやり方を否定してしまったり、理解してもらえないことに悩んだりします。大切なのは、「どちらが正しいか」ではありません。大切な子どものことを考えての意見です。片方を受け入れて残りを否定するような方針だと、ふたりの間にしこりが残り、協力していくことが難しくなります。「正解」を競うのではなく、ふたりの意見の「良いとこどり」をして考えるのが、夫婦が団結して子どもを育てていく姿勢には重要なこと。そのために、自分の意見の「根拠」をしっかり見せて話し合う機会を持ちましょう。

「根拠」を示して話し合う

697534535


お互いが望む方針について、まずは根拠を元に話し合ってみましょう。あなたが中学受験を考えているなら、それがどう子どもにとって良いのか、自分の理想通りに進んだ例を資料として用意したり学校のパンフレットを夫に見せることで、説得力を持たせることができます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.