恋愛情報『無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】』

2019年11月28日 12:00

無駄なケンカはしたくない! 結果を出す“ケンカ”の仕方教えます【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#27】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

求めるのは「共感」ではなく「理解」

目次

・求めるのは「共感」ではなく「理解」
・「何が気に入らないのか」をはっきりさせる
・感情を優先させない
・約束は守る
736992861


例えば、週に2日でいいから趣味のサークルに参加したいけど、夫が良い顔をしてくれなくていつも言い合いになってしまう。私にも息抜きの時間が必要なのに、どうしてわかってくれないの!?こんな「理不尽」を感じる喧嘩は、言い合いになっても夫が気持ちよく折れてくれなくて辛い思いをしますよね。こんなとき、私たちは夫に「趣味を楽しみたい気持ち」「たまには家庭を離れて息抜きしたい気持ち」を知って欲しい、共感して欲しいと思って話しますが、夫には通じないことがほとんどです。もともと、男性は「共感」することが苦手です。妻がそんな時間を欲しがることは「あり」だと頭では思っていても、それをどれだけ楽しみにしているかなど細かい情緒はなかなか想像ができません。なので、簡単に「ダメだ」と言ってしまうのです。行かせてもらえないことでどれほどショックを受けるかなどは、自分が同じ立場にならないと実感することが難しいとも言えます。なので、夫には気持ちに対する共感を求めるのではなく、「行きたいと思っていること」を理解してもらうことを考えましょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.