恋愛情報『本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】』

2019年12月7日 12:00

本当は結婚したい…でもまだしない。シングルマザーの本音【すべての妻へ贈る “幸せ夫婦”コミュニケーション術#30】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

一度失敗したからこそ慎重になる「結婚」の絆

目次

・一度失敗したからこそ慎重になる「結婚」の絆
・男を見る目が以前より厳しくなった
・子どもの存在が最優先
・無理に「結婚」でなくても良い
・結婚は家族の問題
573083127


「好きで結婚した元旦那だったけど、子どもが産まれてからは価値観の違いから険悪な雰囲気になることが多かった。生活費を稼ぎたくて仕事を頑張っているうちに向こうの浮気が発覚、私はショックで結局仕事も続けられない状態に。これがトラウマとなって、彼氏はできるけど結婚までは踏み切れない」(40歳/事務)離婚した理由はさまざまですが、相手の浮気など信頼を裏切られる形で終わった結婚は、その後も女性の恋愛に影響を及ぼします。この女性の場合は、「今お付き合いしている男性はとても良い人だけど、結婚してまた裏切られたらと思うと怖くて…」と話していました。一度失敗したからこそ、次の結婚は簡単に決められない。それは、彼女自身が結婚生活を「夫婦がともに力を合わせて生きていくこと」としっかり認識しているからです。その気持ちを受け止め、彼氏が同じように思ってくれているといいな、と思います。

男を見る目が以前より厳しくなった

「20代のころに結婚した元旦那はDVがひどくて、長男を妊娠したときも平気で暴力を振るうような男でした。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.