恋愛情報『「冷却期間の別居」にちょっと待った! 困った事例から学ぶ別居のポイント【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】』

2017年10月30日 12:00

「冷却期間の別居」にちょっと待った! 困った事例から学ぶ別居のポイント【離婚を考えた時知っておくべき知識 #7】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・「冷却期間の別居」聞こえはいいけど、こんな問題が
・本気の覚悟がつくまでは、安易に別居しない
・別居は奥深い。期間でも大きな違いが出てくる
・離婚の覚悟が出来てから、上手に別居を使う


01

「冷却期間の別居」聞こえはいいけど、こんな問題が

夫婦喧嘩が絶えず、どうにもならない夫婦関係。そこで、周囲などから冷却期間の別居を薦められたAさん。夫婦で話し合い、しばらく「冷却期間の別居」をすることにしました。1か月間妻が実家に戻る形で別居して、お互い頭を冷やし、再び話し合って同居に戻るという計画でした。その後、どうなったか?1か月経とうとする頃に、再び妻が夫のいる自宅に戻ろうと話を持ち掛けても、もはや夫の態度はガラッと変わり、冷たい対応なのです。当初の約束もどこかへ行ってしまい、「もう帰ってこなくて良い。離婚を進めたい」とのこと。Aさんにとっては、修復を考えての別居のはずでした。夫の予期せぬ変化に困ってしまっている状態です。次に、Bさんの事例をご紹介します。夫と性格の不一致。嫌で嫌で、家を出て一人暮らしを始めたBさん。夫からは、Bさんに対し「戻ってきてくれ」も「じゃあ、離婚しよう」と言ってくる気配もありません。この先、どうしようかということについては特に計画もなく家を出たため、月日がどんどん経って貯蓄も減っていきます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.