恋愛情報『離婚にまつわる「調停」の種類とやってはいけない3つのこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#03】』

離婚にまつわる「調停」の種類とやってはいけない3つのこと【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#03】

2018年2月13日 12:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・離婚に関係する「調停」の種類
・離婚したい、復縁したい「家族関係調整調停」
・生活費をもらえない「婚姻費用分担調停」
・子どもに会いたい「面会交流調停」
・子どもと一緒に暮らす親を決める「子の監護者の指定調停」
・離婚を決めたら「別居」したほうが有利な場合も
・離婚をしたい時やってはいけないことベスト3
01

離婚に関係する「調停」の種類

離婚したい、復縁したい「家族関係調整調停」

「離婚調停」と言われることが多いですが、正式には、「家族関係調整調停」といいます。離婚を望む場合だけではなく、現在別居しているが円満に戻るため話し合いをしたい場合にも利用できます。いわゆる「円満調停」です。「調停」は、離婚訴訟をするために経ておかなければならない手続きなので、利用する人は多いです。同居しているのに調停なんて・・・と思われるかもしれませんが、公平な第三者に話を聞いてもらえば、納得できない点を明確にして気持ちが整理されるメリットもあります。双方離婚に合意することになれば、子どもの親権者や養育費、財産分与などについても話し合うことになります。

生活費をもらえない「婚姻費用分担調停」

本日もこんなご相談がありました。「別居している夫から、離婚してくれなかったら生活費を止めたいと言われました。どうしたらいいでしょうか?」扶養義務を負う夫の場合、生活費を支払う責任があります。もし生活費をもらえなくなった場合にはすぐに「婚姻費用分担調停」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.