恋愛情報『【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(5)』

【夏目かをる 恋愛小説】眠れない夜 第二章~今日子の場合(5)

2018年4月8日 19:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

02


…第一話を読む…第二話を読む…第三話を読む…第四話を読む作家の氷室恭介の受賞式の二次会は氷室のいきつけの銀座8丁目にあるスナック「パイ」だった。ビルの一階にあるリカーショップ「信濃屋」の横の階段を昇って3階にあるパイに到着すると、歓声があがった。授賞式を華やかに盛り上げていた高級クラブのホステスたちが、一次会が終わると全員出勤したとみえて、女性が少なかった。3つのテーブル席と10席のカウンター席の小さなスナックには、むせかえるほどの熱気がこもっていた。「乾杯」という声に続いて、グラスとグラスがぶつかる音が店に響いた。二次会の参加者一人一人と乾杯する氷室が、今日子と宮内慶介を引き合わせた。「大学で同じゼミの宮内は優秀な男で、いつも授業のノートをコピーしてもらったんだ」今日子よりも6歳年上の宮内はがっちりとした体格で大学時代はラグビーの選手だったという。色黒で精悍な商社マンで「去年までブラジルのリオに勤務していたんですよ。和食が恋しくて」と、お通しの蛸と小松菜の味噌煮を美味しそうに食べている。自分の周囲にいないタイプだった。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.