恋愛情報『戸籍や届出… 離婚が決まったらやるべき手続き【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#07】』

戸籍や届出… 離婚が決まったらやるべき手続き【弁護士が教えるかしこい離婚相談所#07】

2018年4月10日 12:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・離婚の手続について
・戸籍について
・社会保険について
・手当てについて
・会社への届出について
・その他の手続について
01

離婚の手続について

連載の第一回目でお話しましたが、協議離婚をする場合は離婚届を提出すれば離婚が成立します。しかし、財産分与や子どもの養育費を決めずに早々と離婚届を出すのはキケンです。なぜなら、財産分与は離婚後2年以内しか請求できませんし、養育費は過去に遡ってもらうことは難しいからです。夫婦の預金や生命保険などをどうやって分けるか、養育費をいくらにするかなどを話合い、「離婚協議書」を作りましょう。特に、長い年月支払ってもらうことになる養育費については、公証役場で「公正証書」を作成してもらうと良いです。「公正証書」(※)で養育費の支払を約束してもらうことで、不払いになった時に給与や預金、不動産などを差し押さえることが可能になります。(※強制執行認諾文言付きの公正証書である必要があります)調停離婚をする場合は、強制執行可能な「調停調書」を作成してもらえるので公正証書は不要です。但し、調停離婚でも、役所への離婚届出は必要です。裁判所と役所は繋がっていないので、戸籍に反映する必要があるからです。

戸籍について

801881744


離婚の届出をすると、結婚時に氏を変更した一方が戸籍から抜けることになります。

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.