恋愛情報『昔は“真面目でいい子”だったアラフォーが結婚できない理由【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #19】』

昔は“真面目でいい子”だったアラフォーが結婚できない理由【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #19】

2018年4月9日 19:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・20代から毛のケア、メイクが変わっていないだけでブス
・お化粧とかあまりしないタイプが成立したのは20代まで
・女未満の幼いおばさんが持つ「ギャルじゃない方アイデンティティ」
・本当のブスは可視化されない。出会えなんじゃなく見えてないのだ。
・婚活は「女子」→「女」に成長する時期だと思おう
01

20代から毛のケア、メイクが変わっていないだけでブス

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。「出会いがないんです」そんなご相談にいらっしゃる方の半分近くが、外見や身だしなみに問題があります。私だって言いにくいけれども、職場の方はもっといいにくいでしょう。さらに、その女性が30代半ば以上だったら?「あの人に言ってもムダ」「言って怒らせても困るし」と誰も指摘をしないでしょう。アラフォーで外見に問題がある方というのは、20代から髪型やメイクがあまり変わっていないのです。濁りのない肌で血色も良く、お肌のハリもあった20代のころならばBBクリームを塗っただけで、あまり眉毛など整えなくても可愛かったかもしれません。もしかしたら、告白されたり彼氏がいたこともあったかも。しかしそれは20代だからです。

0406


30代になると女性も毛深くなる場合があります。おでこや口周りの産毛が濃くても、そんなの誰も注意できません。前髪パッツンの20代はかわいくても、30代はあえて狙ってやっている人以外はイタイでしょう。コンシーラーも使わないとかなり顔色悪いでしょう。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.