恋愛情報『超高齢化社会! 私たちは何歳までセックスできるのか?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】』

2018年5月10日 12:00

超高齢化社会! 私たちは何歳までセックスできるのか?【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#7】

フランスに限らず、ラテン系のお国は男女関係を非常に大切にとらえています。フランスにフューチャリングするのは『セックス・アンド・ザ・シックスティーズ』というフランスの心理学者マリードさんが書いた熟年の性の本のオビを私が書いた経緯があるからです。マリードさんは65歳以上でセックスをすることが快楽の源であると回答した人が12%だったのに、「そうありたいと感じている」人が36%もいると気づきました。若い頃には感じることができなかった穏やかな官能を語るフランスのシックスティーズ世代。高齢期を美しく彩るものとなる「セックス」をたかだか40代であきらめてはいけないということが、解明されました。次回は80代になってセックスを復活させたカップル事例をもとに「いくつまでセックスできるか問題」を考えてみたいと思います。夫婦仲相談所所長/執筆家三松真由美

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.