恋愛情報『“性欲がない”は錯覚! 40代のオバサン化を予防する方法【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#18】』

2018年9月20日 19:00

“性欲がない”は錯覚! 40代のオバサン化を予防する方法【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#18】

で「あまりない」が半数に上ります。 そして、「自分の性欲は強いほうだと思いますか」では ・強い37% ・やや強い44% と、強いとやや強いで合計8割です。 これが、オバフォー世代より少し年下anan世代の調査結果です。これがアラフォー・オバフォーになってくると「セックスに自信がある」割合は下落すると予想できます。 性器官とセクシー脳のメンテナンスをしないまま、セックスレスをやり過ごして年月が過ぎているのですから、ボディラインとお肌の老化とともに自信は崩れ落ちるのが一般的です。それなのに、ああ、それなのに。性欲はどうなるか想像できますか?anan世代ですら8割が鼻息荒いのです。 年齢を重ねると女性ホルモンは減少の一途をたどり、逆に男性ホルモンであるテストステロンは残ります。悶々とするのに夫はスルー。むしろ夫はED気味で誘うことすらしてくれない…。そして、更年期症状が現れはじめて老化を実感する。閉経を目前に「このまま恋もせずに、夫と抱き合うこともなくおばあちゃんになるのか…」というあがき感が芽生えてきます。 最後にひと花咲かせたいと思うオバフォーが出てきても不思議ではありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.