恋愛情報『「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】』

2018年9月26日 12:00

「事実婚」のメリット、デメリット【幸せ夫婦コミュニケーション術 #82】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・婚姻届がいらない「事実婚」
・「事実婚」と認められるために必要なもの
・「事実婚」のデメリットは法に関することにある
・「事実婚」は離婚のハードルが低いというメリットも
・「事実婚」であっても結婚に変わりはない


01

婚姻届がいらない「事実婚」

まず、「事実婚」とは・婚姻届を出さない(新しい戸籍を作らない)・ふたりの姓はそれぞれ変わらない・必ずしも同居する必要がないなど、主に「ふたりの意思だけで婚姻関係を結ぶこと」を指します。「銀行口座やクレジットカードの名義を変更する手間がない」「住民票を同じにしていれば家族と認められるケースが多い」など、一般的な結婚(法律婚)に比べて煩雑な手続きがないことが事実婚のメリットです。また、夫婦別姓が認められていない日本で、夫の姓を名乗りたくないという妻にも事実婚は有効です。「結婚したい=一緒にいたい」というふたりの気持ちを、よりシンプルにしてくれるのが事実婚。法律に縛られないということは、逆にそれだけふたりの意思が婚姻関係を続けるには重要となり、お互いを大切にしようとする姿勢も強くなる、といいます。

「事実婚」と認められるために必要なもの

802061278


ですが、婚姻届を出さない事実婚は、どうやってふたりが婚姻関係にあることを証明すれば良いのでしょうか。第三者から見て事実婚のふたりだと理解してもらうためには、契約書や誓約書が有効です。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.