恋愛情報『家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】』

2018年10月2日 12:00

家事が苦手…「家事代行サービス」の上手な取り入れ方【幸せ夫婦コミュニケーション術 #84】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・「家事は女の仕事」は時代遅れ!?
・「家事代行サービス」は忙しい家庭にこそ最適!
・「家事代行サービス」で家族の時間を大切にできる


01

「家事は女の仕事」は時代遅れ!?

日本では、昔から「家事は女の仕事」とする風潮が強く、結婚や出産後もずっと女性が家事をするもの、と考える人が多いように感じます。ですが、すべての女性が家事を得意とするわけではありませんよね。「どうしても段取り良く掃除するのが苦手」と悩んだり、「料理の腕が上達しない」とキッチンに立つのが苦痛になったり、向き不向きがあるのは当然のことです。かといって、夫に任せてみても結果は同じ。共働きならそもそも家事に割ける時間は限られているし、きちんとできないことにストレスが溜まります。毎日頭を悩ませてまで、家事を考える必要があるのでしょうか。努力したけどうまくいかない、どうしても時間が作れない、でも「女だから」しなくちゃいけない……。こんな矛盾に苦しむのは、時間がもったいないし健やかな生活ではありません。そこで発想を転換して、家事が苦手なら得意な人に任せてしまいましょう。家事のプロが代わりにやってくれる「家事代行サービス」なら、煩わしさから解放されます。「ほかの人に家のことを任せるなんて」と罪悪感が湧くかもしれませんが、ストレスを溜めながら無理にがんばるより、プロにお願いしてしまうほうが実は無駄がなく効率的なこと。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.