恋愛情報『【#FocusOn】『子どものいない人生を考える会』主宰・朝生容子さんインタビュー<第一回>』

2018年10月20日 12:00

【#FocusOn】『子どものいない人生を考える会』主宰・朝生容子さんインタビュー<第一回>

――なるほど…4年前とはいえダイバーシティをテーマにした大手メディアのシンポジウムがほぼ働くママ一色というのには違和感を抱きますが、働くママを応援しようという風潮が世間にあったんでしょうかね。男女雇用機会均等法世代の私たちは、男性並みに働くことが求められたこともあり『子どもがいる』ということは、キャリアの妨げになると考えがちでした。ですが育休取得が一般的になって子どもをもって働く女性は珍しくなくなった。さらに女性活躍推進が法制化された今は、子どもを持ちながら働いていることそのものが評価されることもあります。そういう風潮は私たちの世代ではありませんでした。――たしかに今の社会はそういった空気感がありますね。結婚して働いて子どもがいるのが良い、というような。『負け犬の遠吠え』(講談社文庫)著者の酒井順子さんが『子の無い人生』(KADOKAWA)という本の中で、「人生を左右するのは“結婚しているか、いないか”ではない、“子供がいるか、いないか”なんだ」と書かれていたのですが、本当にその通りだなと思いました。女性にとって子どもが“いるか”“いないか”はものすごく大きい。男性と比べてですが。――男性は独身でも子どもがいてもいなくても出世などにはあまり関係ない気がしますね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.