恋愛情報『実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】』

2018年11月4日 12:00

実録!私が不倫に走りそうになった瞬間【幸せ夫婦コミュニケーション術 #86】

(39歳/専業主婦)上の女性の場合は、何も考えずに参加した地区のイベントに思いがけない出会いがありました。何度も顔を合わせているうちに親近感が湧くのは決して珍しいことではないけれど、ふたりで食事となると気持ちの方向が変わる時間にもなりかねません。誘われたときにとっさに浮かんだのが夫の顔、というのは、無意識にこれが後ろめたい関係につながるかも、という予感があったのかもしれませんね。

【不倫に走りそうになった瞬間 2】保育園の運動会の準備で親しくしているうちに

「子どもが通う保育園で、以前から送迎のときに一緒になることが多いお父さんがいました。特に言葉を交わしたことはなかったのですが、運動会の準備でハリボテを作る係でたまたま同じになり、それから仲良くなりました。前から挨拶だけはしていたせいか特に緊張することはなくて、子ども同士仲が良く話題がたくさんあって、楽しい人だなと思っていました。奥さんの姿を一度も見かけたことがないので尋ねてみると死別したそうで、そんな事情も彼に引かれた理由かもしれません。真面目そうで会社にもしっかり勤めていて、奥さんが亡くなったあとは男手ひとつで子どもさんを育てていて、『遊ぶヒマなんか全然ないですけどね』って笑うのがまた母性本能をくすぐるというか……。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.