恋愛情報『【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>』

2020年11月16日 12:00

【#FocusOn】セックスをポジティブなものにしたい 「#なんでないの」福田和子さんインタビュー<最終回>

アメリカでは高用量のピルが1955年から認可され、血栓症のリスクなどが高かったため、1973年には用量を抑えた低用量ピルが発売されています。しかし日本は高用量ピルの導入はそれほどアメリカに遅れをとらなかったのに、低用量ピルの導入が26年遅れ!その間、副作用が多く、本来は避妊には向かない中・高用量ピルが長年避妊に使われてしまい、私の母を含む多くの人がピルは副作用があるという悪いイメージをもっています。今の低容量ピルは安全に飲めるのですが、情報がアップデートされておらず、悪いイメージのままです。ピルしか知らず、そのピルにも抵抗があって、その上「もう出産はしないだろう」と思っているけれど避妊していない人が多い。でも40代でも妊娠はします。それもあって40代の中絶数が多くなってしまっているのではないでしょうか。――本当に悲しい現実ですね。はい。なので、そうではなくて自分で「もう出産はしない」と決めたのであれば避妊をするのが当たり前にしたいと思っています。親がピルにマイナスイメージを持っているので、子どもはピルの話を親にできません。本来であれば、ある程度の年齢になったら親から情報を伝えてほしいです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.