恋愛情報『不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#25】』

2019年1月24日 12:00

不倫願望が盛り上がるのはなぜか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#25】

目次

・「不倫やむなし。後天的に良い環境を私がつくる」べし
・公式夫とはイマイチセックスの理由(公式彼氏にも当てはあまる)
・不安型妻は夫ともするけど非公式異性にも走りやすい
・夫婦仲改善、セックス充実、不倫防止にスクワットは重要
01

「不倫やむなし。後天的に良い環境を私がつくる」べし

「不倫」という文字がメディアを踊らない日はないほど人気の漢字です。我々は賛成反対どちらにしても、不倫についてもの申したい性質を持っているのでしょう。 WOMeでインタビュー記事が掲載されている中野信子先生の書籍を読みました。痛快です。「それなら不倫してもしかたないよね〜」と思わず首を縦に振ってしまうほどの脳科学論です。 不倫型の遺伝子を持って生まれれば、不倫しやすい。ドーパミンなんとかかんとかの関係で一夫一妻制に向かないひともいる。反論の余地なし! しかし遺伝子だけで決まるのではなく後天的要因、環境もある、となると話がややこしくなります。 「夫は不倫遺伝子を持っていないけれど、泥酔するときがある。その時、膝の上にボイングラマーのウッフン美女が座った」 となると、私がよく使う“魔が差す”というシチュエーションができあがるのです。 中野先生は教えてくださっています。アリルなんとかという遺伝子を持つ男性は浮気率未婚率が高い、なんとかという前頭皮質の機能が低い人は性的にアクティブ。 「え!?それを考慮して夫を選ばねば結婚失敗するの!?」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.