恋愛情報『40代の婚活 「理想の夫」は磨けば光る!見落とし注意【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #39】』

2019年3月11日 12:00

40代の婚活 「理想の夫」は磨けば光る!見落とし注意【菊乃流 アラフォー本気の婚活術 #39】

目次

・妄想で前のめりすぎる婚活女性達
・男の写真は見ないで選べ。写真で決めるほどルックスに惑わされていい男を見落とす
・30歳を超えて学歴を気にして婚活するのは頭が悪すぎます
・離婚歴は経験値。アラフォー以上ならバツイチ男性の方がまとも?
・「ナシ」の相手を「アリ」に変えることは妥協?それ、頑固すぎですから
01

妄想で前のめりすぎる婚活女性達

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。「結婚したい。私には時間がないから、結婚の可能性がない男と出会っている時間はない」と結婚に焦るアラフォー女性の方々からよくこんな話を聞きます。結婚の可能性がない男性とは、別に結婚願望がない遊び人とか、すごく年下の男性という訳ではないのです。東京城南エリアにお住まいのアラフォーAさんは大手結婚相談所で婚活しておりました。なかなかうまくいかないということでお話を伺ったのですが、Aさんは結婚相談所から紹介された男性のうち「埼玉県」「千葉県」の男性は「遠いから」という理由ですべて断っていたのです。「若かったらいいけど、近くないと恋愛は続かないと思う。もう体力もないし会うのに2時間かけていくとか私にはムリ」とのことでした。告白もされていないし、自分がフラれる可能性だってある。何も始まっていないのに妄想が前のめりすぎです。そもそも相手の男性がAさんの都合がいいエリアまで出てきてくれるかもしれないですし、お互いが片道1時間づつ移動して、落ちあいやすい東京駅周辺、池袋周辺で試しに会ってみたっていいですよね。結婚相談所のプロフィールには都道府県しか書いていないけれど、同じ県内でも広いのです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.