恋愛情報『夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】』

2019年4月18日 12:00

夫婦関係の潤滑油がセックスという幸福【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#32】

目次

・喧嘩したあと仲直りするきっかけ
・食欲と性欲を邪魔されるとストレスを感じる
・オーガズム無縁女性への助言
01


夫婦仲相談所所長三松真由美さんの大人気連載【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情】第32回目はズバリ「夫婦の一番の潤滑油は“セックス”」というお話です。セックスレス問題が日々取りざたされる日本において「夫婦の一番の潤滑油は“セックス”」と言える夫婦はいったいどのくらいいるのでしょうか?そして、なぜセックスが夫婦の一番の潤滑油といえるのでしょうか?今回もたっぷり三松節で教えていただきました。

喧嘩したあと仲直りするきっかけ

前回『セックスレス亡国論』(朝日新書)の著者鹿島先生の解説をもとに「セックスレスの理由=面倒くさい」について考えました。 私は、あえてその面倒くささを克服すると男女関係がしっくりゆくことを謳い続けていました。この本のテーマと一致しています。夫婦関係の潤滑油がセックスだということです。ちなみに、私の持論は「セックスの定義は“挿入→射精に限らない”」なのですが。 さて潤滑油について考えてみましょう。

食欲と性欲を邪魔されるとストレスを感じる

545864667


人間が怒るのは、セックスと食べ物の禁欲を強制されたときです。レストランで、おなかがすいているのにオムライスが30分来なかったら・・確かに怒ります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.