恋愛情報『水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】』

2019年5月10日 12:00

水谷さるころさんインタビュー<前半> 三十路駆け込み婚は3年半で終止符 合わない人は合わない事実 【#FocusOn】

目次

・未来を確定させたかった三十路駆け込み婚
・半年間書き続けた夫への手紙
・離婚後の反省の日々のなかで知った“事実婚”
Focuson 680 04


現在は事実婚でお子さんもいらっしゃるイラストレーター・マンガ家・グラフィックデザイナーの水谷さるころさん。30歳で一度目の結婚をしたさるころさんは3年半で結婚生活に終止符を打ちます。コミックエッセイ『結婚さえできればいいと思っていたけれど』はご自身が「結婚したい!」と強く望み、「こうありたい!」と願う結婚生活に邁進し心折れ離婚する日々が描かれています。まさにアラフォー女性なら「あるある…」と共感するエピソードが満載。今回さるころさんに『結婚されできればいいと思っていたけれど』(幻冬舎)と現在の事実婚生活を描いた『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を踏まえインタビューしました。その前半です。

未来を確定させたかった三十路駆け込み婚

――今日はお話を伺うのを楽しみにしていました!今朝、テレビをつけたらNHKあさイチで「いろいろな夫婦のカタチ」特集(※)の事実婚代表で出ていらしてビックリしました(笑)

1 01


そうなんですよ(笑)見てくださったんですね!どんな風に編集されているかドキドキしてたんですけど…(笑)水野さん(女優の水野美紀さん)が、「離婚経験がトラウマなんですね」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.