恋愛情報『水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】』

2019年5月17日 12:00

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

目次

・お互いにパートナーに求めるものを話し合ったら「事実婚がいいよね」
・私たちの価値観を押し付けるつもりはない。だから世間の価値観も押し付けないでほしい
・これからの時代、楽しみながらサバイブしていこう!
Focuson 680 04


2度目の結婚は“事実婚”というカタチを選択した水谷さるころさん。そこには、一度目の結婚の時の反省と自分がどう生きていきたいのか、という想いがありました。ここ数年で事実婚というワードはメディアでも多く取り上げられるようになってきました。まだまだ認知度は低いのも事実。そんな折、『どんどん仲良くなる夫婦は、家事をうまく分担している。』(幻冬舎)を出版し、夫であるノダDと息子さんとの生活を楽しく紹介してくれた水谷さるころさん。ご自身の経験から考える結婚や夫婦の在り方についてお話をうかがいました。インタビュー後半です。

お互いにパートナーに求めるものを話し合ったら「事実婚がいいよね」

前回の記事はこちらから――現在、夫であるノダDさんと事実婚でお子さんもいらっしゃるさるころさんですが、ノダDさんとはお仕事で知り合ったんですよね。

2 01


そうなんです。仕事で世界一周する番組を制作したのが縁で。ノダDは離婚にかなりのダメージを受けていましたね。私は私で、自分の「見る目」が全く信用できなくなっていたので、ノダDと付き合おうとなるまではちょっと時間がかかりました。ノダDは仕事中に「ちょっとどうなの」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.