恋愛情報『水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】』

2019年5月17日 12:00

水谷さるころさんインタビュー<後半> 人との違いを恐れず自分らしい生き方を【#FocusOn】

それに、私は仕事の関係ではノダDから仕事をもらう立場だったので、ノダDの方が“上”で私が“下”という感じだったのですが、空手だと私は黒帯でノダDは初心者なので上限関係がまったく逆になったのも良かったんだと思います。――見る目が変わってすぐにお付き合いが始まったんですか?そこはなんか紆余曲折あって(笑)この人で大丈夫と思えるまでに、3年くらいかかりました。一緒に暮らそうとノダDは言ってくれてたんですけど、「まあそのうちに…」という感じで。で、一緒に暮らす前に一度しっかりパートナーとして相手に何を望むのかということを話合いました。そうしたら、「事実婚がいいよね」ってなったんです。――どういうことでしょうか?一度目の結婚の反省と離婚の大変さを考えた時に名字を変えることはしたくなかったんです。ノダDと私は家を買うなどの共有財産を持つ予定もなかったから、お互いの希望をすり合わせた結果、法律婚にする意味がなかった。

私たちの価値観を押し付けるつもりはない。だから世間の価値観も押し付けないでほしい

――法律に守られない、という不安はありませんでしたか?それね、良く言われるんですけど、“法律は事実を重んじる”んです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.