恋愛情報『自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】』

2019年5月14日 12:00

自分の体は自分のもの 膣のセルフケアで自分を取り戻す たつのゆりこさんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

――そうなんですね!私も今日からお腹の傷痕のセルフケアをはじめます!ぜひやってみてください!そして、セルフケアもですが、パートナーとのコミュニケーションももちろん大切ですよね。セックスは本来お互いのエネルギーの交流ですから、お互いに撫でてさすっているだけでも元気が湧きあがってくるはずです。特に冷えていて乾燥がある時は、気がめぐりません。肌もオイルで潤わしてからの方が、肌の密着度も増し、体温も上がります、性的興奮も起こりやすくなると思います。パートナーの睾丸周辺をマッサージしてあげているという方もいらっしゃいます。そうすると男性器の持続力が違うらしいです。なので、女性に男性器のマッサージのやり方を指導することもあります。「助産師さんから教えてもらった。」というとやりやすいらしいのです。そうでないと誰に教えてもらったのだろうと疑われるそうです。なんだか複雑な気がしますがね。それで女性達の笑顔が増えるのでしたら、社会にとってもいいことですよね。――そうですね。忙しくてちゃんとコミュニケーションが取れていない方が多そうです。忙しい毎日でも、自分の身体のセルフケア、パートナーとのコミュニケーションのために時間と心の余裕を持ちたいです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.