恋愛情報『雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】』

2019年6月27日 12:00

雨の降る日に“濡れ”を意識できる女性は膣が劣化しない【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#37】

目次

・“性”活習慣病予防のためのマインドセット
・雨を見てセクスィな場面を妄想できるか問題
・欲しがるカラダを持つ女性へのアドバイス
01

“性”活習慣病予防のためのマインドセット

梅雨シーズン、どんより灰色の空からザーザー流れ落ちる雨の矢。「あー嫌だな、足元濡れるし、通勤めんどくさっ」とマイナス気分になるあなたは“七人に一人は生涯独身”のうちの“一人”にカウントされる可能性があります。(前記事:生涯未婚率参照) アラフォー世代は「欲しがるカラダ」と「欲しがらないカラダ」の2タイプに分類されます。 「欲しがるカラダ」の方の場合、結婚しないままおひとり、あるいは離婚しておひとりで生きるとなればとんでもなく寂しいアラフィフ・アラ還時代を覚悟せよと伝えました。 「わかりました。覚悟しました。それで雨の日にチェッと眉をひそめる事と何の関係があるの?」 と思った、そこのあなた。はいそれは、セクスィ脳をまったく鍛えてない自己に気づけということであります。生活習慣とはおそろしいもので、悪い習慣は生活習慣病を引き起こします。“無意識の私スタイル”が知らず知らずのうちに健康を蝕むことはスマホニュースで周知の通りでしょう。 食習慣、運動習慣、喫煙、飲酒などの日常生活の習慣が原因となり疾患してしまうのが生活習慣病です。肥満、糖尿病、高血圧、大腸がん、歯周病などは無意識のマイナス習慣が長い年月の間、積もり積もって発症します。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.