恋愛情報『“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】』

2020年6月24日 12:00

“恋愛結婚というパッケージ”が日本の夫婦をおかしくする<最終回>【#FocusOn】

お互い疲弊してします。なので、日々を暮らしていく、日常を共に過ごしていくという視点から、「どのような人と自分は暮らしていきたいんだろう」と考えてパートナーを選ぶということが必要なのだと思います。“恋愛結婚”というひとつのワードのように思ってしまっているから、恋愛と言う非日常の連続の先に日常である結婚があると夢想してしまうわけです。――そして日常生活に嫌気がさし、時に非日常を夢想してしまう…

これからは自分なりの“家族”という価値観を持たなければいけない

04 02


そうですよね。なので、本来は結婚式で思い知らせるべきなんでしょうね。「君たちここからは日常が始まるんだぞ!」と。なのにいまだに披露宴などでは「私はあなたに美味しいご飯をいつも食べさせますよ」「僕は君を食べるのに困らせないよ」という象徴でファーストバイトなどの演出が行われていますよね。そんな不平等を家庭に持ち込んじゃったら大変なことになるのに。――そうですね(笑)非日常のパッケージ化された結婚式を、日常である結婚のスタートとして行い、結婚をしたら日常が始まって「フェアじゃなきゃやっていけない!」となっているのにまた非日常を求めてしまう…。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.