恋愛情報『欲しがるカラダ満たされないココロを女性向け風俗は癒やしてくれるのか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#39】』

2019年7月25日 12:00

欲しがるカラダ満たされないココロを女性向け風俗は癒やしてくれるのか【すずね所長のオトナ夫婦の寝室事情#39】

目次

・結婚してたって“愛とセックス”は諦めない!
・オーガズムが目的じゃない!女だと認めてもらって肯定されたいの!
・サービス内容/三松真由美調べ(真剣に身体を張ってリサーチ中!)
・トラブルを回避するにはどうしたらいい?
01

結婚してたって“愛とセックス”は諦めない!

未婚オバフォー、既婚オバフォー、性の悩みはそれぞれ違います。既婚ながら恋愛を求める女性も少なくありません。夫と仲はいいけれど、ときめくような恋がしたいと密かに考える妻もいる。夫に恋して結婚したけれど、10年経過で恋心がすっ飛んでしまい、グジグジ悩む妻もいる。 ロマンチック・ラブと結婚とセックスが3つ揃ってこそ“幸せなオンナの人生”。それを手に入れたはずなのにラブとセックスが減少し、“結婚枠”だけが残る。家族を持つ幸せを噛みしめてはいるが、何か虚しい部分がある。さあ、あなたならどうする? 1.やり過ごす2.諦める 3.我慢する 4.子育て、趣味などに生きがいを見出す だいたい、これらが多数派でしょう。しかし、身体がタフで欲に忠実な女性方は“愛・セックス・結婚”の3つを継続する方法はないものかと策を練ります。 「夫とのラブとセックス継続が難しければ外で満たしてもいいではないか。不倫ではない。その時間の対価を支払うのだから」 こんな合理的思考回路が出現してもおかしくない。夫が家庭を壊さぬなら自分に内緒でお店で遊んでもらってよし!と考える妻も大勢います。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.