恋愛情報『“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】』

2019年12月16日 12:00

“再決断療法”で心の奥底に隠されている“想い”を解放する 心理カウンセラー鹿屋由佳さんインタビュー<第一回>【#FocusOn】

目次

・心理カウンセリングと心療内科の違いとは?
・カウンセリングに重要なのは“分析”
・“再決断療法”と“アドバイスはしない主義”
・“怒りの抑圧”から発症する“うつ病”
・鹿屋由佳さんプロフィール
Focuson 680 04


東京・福岡を拠点に講座や面談カウンセリングを行い、2,000人以上の心を回復させてきた心理カウンセラーの鹿屋由佳さん。WOMeでは恋愛問題について読者のお悩みに答えていただきました。今回は改めて、鹿屋さんが思う、“心理カウンセリングとは何か”について教えていただきました。インタビュー第一回目です。

心理カウンセリングと心療内科の違いとは?

――いつもWOMeに寄稿していただき、ありがとうございます。今日は久しぶりにお会いするのを楽しみにしていました。 鹿屋さん:こちらこそ!よろしくお願いします。――さっそくですが、昔に比べたら心理カウンセリングというのは一般的になりつつあると思いますが、まだ“心療内科”と“心理カウンセリング”を混在している方は多いと思います。どう違うのか、ということを教えていただけますか?鹿屋さん:そうですね…まず、カウンセリングにかける時間が違います。電話カウンセリングや対面カウンセリングなど、スタイルによっても変わってくるので一概には言えませんが私の場合は、一回にかける時間はだいたい2時間です。場合によってはそれ以上の時もあります。――心療内科は病院ですし、一日に診る患者さんの数が多いから、通常はそこまで時間はかけられませんよね。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.