恋愛情報『夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】』

2020年1月21日 12:00

夫との関係に悩んだら“自分はどうしたいのか”問いかけて 円満離婚弁護士 原口未緒さんインタビュー<最終回>【#FocusOn】

目次

・自分の経験を生かして顧客満足度の高い弁護がしたい!
・最近急増中の“モラ夫”と“発達障害夫”
・“自分はどうしたいのか?”自分の人生を決めるのは自分自身
・原口 未緒(はらぐち・みお)さんプロフィール
Focuson 680 04


前回の記事はこちらから三度の結婚と離婚、一度の事実婚、出産、そして事実婚解消、と様々な経験をしてきた弁護士の原口未緒さん。インタビュー最終回は“円満離婚弁護士”になった理由と最近の離婚事情についてお話を伺いました。

自分の経験を生かして顧客満足度の高い弁護がしたい!

――原口さんは最初から離婚案件を専門にされていたんでしょうか?原口さん:いえいえ、最初は普通の弁護士として様々な案件を扱っていました。その中で二番目の夫とも出会いました。だけど弁護士もたくさんいるし、なにか個性を出さなきゃな…と思っていた時に、自分の経験を生かせる弁護領域、となったらやっぱり“離婚問題”を扱うのがいいのかな、と思ったんです。それにね、離婚以外の案件に携わっていた時にしっくりこない感があったんです。「これで満足してもらえているのかなあ?」って。それで、もっと顧客満足度が高い弁護がしたいと思った時に、離婚弁護は私にとても合っていると感じました。――コーチングなども勉強されたと聞きました。弁護士の先生に話をするというのは弱い立場になっていて女性だったりすると特に気構えしてしまって“怖い”と思う人も多いと思うんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.