恋愛情報『アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】』

2020年7月21日 12:00

アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

目次

・アラフォーともなれば女としての老いを感じることもある……だからこそ年下男とデートをすべし!
・ムリに相手の世代に合わせようとしない
・若い女にはできないデートコースやお店を提案する
・適度に頼る!彼のお母さんになってはならない
・年下男性にはあなたが普段見せない顔を見せてあげるべし!
アラフォーデートで失敗しないコツ!‐年下編‐【神崎桃子の恋愛指南 #9】

アラフォーともなれば女としての老いを感じることもある……だからこそ年下男とデートをすべし!

159628244


「誰っっっ?このくたびれたオバサン!!」あなたは仕事を終え帰りの電車の中……ガラスに映った自分の顔にショックを受けたことはないだろうか?アラフォーにもなれば自分がもう若くないことを痛感することが多くなる。日々深まる目尻のシワやほうれい線、頻繁に発見してしまう白髪、どこにあるのか分からなくなったウエストライン、垂れてゆくヒップ……もうあげだしたらキリがない。いくら高い美容液を使おうが、ヘアカラーをマメにしようが、ジムで筋トレしようが「やっぱり年には逆らえない」と感じてるのではないだろうか?そう、そんな自分の衰えを実感しているからこそ「最近の男の子ってキレイ……」「肌がスベスベ!」「髪フッサフサ!」と若い子に見とれてしまうことがあるはずだ。自分が老いを意識し出すと自分以上の年齢のいったメタボオヤジと連れ立って歩いたり、加齢臭漂うオッサンと腕なんか組みたくないのがアラフォー女のホンネだろう。そう、若い子とデートしたいのはオッサンだけじゃない!!女だって肌がツルツルでまだ贅肉の塊になっていない清潔感のある年下男子と歩きたいのだ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.