恋愛情報『将来の孤独死より、目の前の孤独をどうにかしたい。婚活アプリ座談会』

2021年6月17日 20:45

将来の孤独死より、目の前の孤独をどうにかしたい。婚活アプリ座談会

日々の生活に保証がなさすぎるというか……まあそれは生命保険とか入ればいいんでしょうけど。

ワッコ:現実的(笑)。

「身内の同意書」に感じた戸惑い

梅子:ワッコさんの話で思い出したんですが、ちょっと前に簡単な手術をして一泊二日で入院したことがあったんです。場合によっては全身麻酔をするかもしれないという状況で、「身内の同意書が必要になりますが、親御さんは来てますか?」と聞かれてすごい困りました。まさかこれだけのために70歳を超えてる親を田舎から呼び出すわけにいかないし……。その時に、私はこれからの人生で全身麻酔をする度に「サインしてくれる人はいません。私は一人です」と言い続けなければいけないんだなって思いました。

ワッコ:つらい……。

梅子:既婚者や彼氏がいる友達に会った時に、そういう孤独をリアルに感じることが多い気がします。例えばスーパーでペットボトルを2本買ったとして、私は一人で抱えて帰るしかないけど、この子は二人で一本ずつ分けて持って帰ればいいんだよな……とか。そういう生活の負担や、「今日はこんなつらいことがあったんだよね」みたいなことをシェアする人が私にはいない。今日もいないし、明日もいないし、来年もいない。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.