恋愛情報『マッチングアプリを使いこなすのは“匠の技” 自分の婚活領域の定め方【川崎貴子×川口美樹】』

2021年12月25日 14:55

マッチングアプリを使いこなすのは“匠の技” 自分の婚活領域の定め方【川崎貴子×川口美樹】

キャリ婚でも価値観シートというのを書くのですが、それを真剣に考えるだけでも自分の棚卸しにはなると思います。あとうちの場合は女性が自分で見極めないといけないので、真剣になりますよね。「いいね」をたくさんもらってもしょうがない。いろんな人にモテるために登録しているわけではなくて、たった一人のパートナーを見つけにきている人が多いですね。

川口:「いいね」をたくさんもらって満足してしまうのがマッチングアプリのデメリットでもありますよね。どうしても数を意識してしまうから。

川崎:友達はそれを美容液って呼んでました(笑)。ガチ婚活に疲れると出会い系マッチングアプリに行って「いいね」をもらって承認欲求を満たす。

川口:マッチングアプリを使うならそのくらいのノリがいいのかもしれないですね。やっぱり、マッチングアプリで婚活して結婚までいける人って相当主体性がないといけないというか、ある種自分の人生をちゃんとケツ持ってふけるくらいの意思決定力がないと難しいと思います。

川崎:出会い系マッチングアプリで出会いから結婚まで持っていくのは熟練の技、匠の技です。

川崎貴子さん

厄介な“悪気がない真剣じゃない人たち”の存在

川口:マッチングアプリって遊び目的の人たちもいるんだけれど、「悪気がない真剣じゃない人たち」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.