恋愛情報『フランス版アラサーちゃん『ジョゼフィーヌ!』作者に聞くパリの恋愛事情 “愛の国”でも結婚より仕事!』

2014年12月2日 18:00

フランス版アラサーちゃん『ジョゼフィーヌ!』作者に聞くパリの恋愛事情 “愛の国”でも結婚より仕事!

フランス版アラサーちゃん『ジョゼフィーヌ!』作者に聞くパリの恋愛事情 “愛の国”でも結婚より仕事!

『ジョゼフィーヌ!』著者のペネロープ・バジューさん

アラサー独身のパリジェンヌOLの日常を描いた『ジョゼフィーヌ! (アラサーフレンチガールのさえない毎日)』(DU BOOKS)。フランスでは30万部を売り上げた人気のコミックだが、その和訳版が11月7日に発売されました。

発売と同じタイミングで、作者のペネロープ・ バジューさんが、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本主催の文学とBDのフェスティバル『読書の秋2014』に招聘され来日。“アムール(愛)の国”と言われるフランスでのアラサー女子の生態、そして恋愛観とは?著者で自身もジョゼフィーヌと同年代のペネロープ・バジューさんに訊ねました。

パリでもアラサー世代は恋愛よりも仕事が大事
――アラサーの独身パリジェンヌの恋愛や日常を描いた『ジョゼフィーヌ!』はフランスで大ヒットし、ここ日本でも和訳版が発売されましたが、まず、現代のパリジェンヌの恋愛事情について教えて下さい。

ペネロープ・バジュー(以下バジュー):一般的には、30歳以上で独身、かつフリーの男性は少なくなってくるわけですが、私の見る限り、現代のアラサーの女性は恋愛対象としての男性への条件を下げていないという印象があります。


関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.