恋愛情報『婚活中なのにゲスい話しかできない体質で男が寄り付かない35歳女の闇――知られざる女の真実Part6』

2015年2月16日 18:00

婚活中なのにゲスい話しかできない体質で男が寄り付かない35歳女の闇――知られざる女の真実Part6

婚活中なのにゲスい話しかできない体質で男が寄り付かない35歳女の闇――知られざる女の真実Part6

空前の大ヒットとなった『アナと雪の女王』。そのヒットに、主題歌『Let It Go~ありのままで~』の果たした役割は大きいと思います。流行語大賞にも選ばれた『ありのままで』というフレーズは、生きづらさを抱えている女性たちを「自分を解放してもいいんだ」と勇気づけ、映画館で合唱するという独自の鑑賞スタイルまでもを生み出しました。しかし、一方で『ありのまま』に生きることにはリスクも生じます。それは、『ありのまま』を他人が愛してくれるとは限らないからです。さて、今回登場するのは、『ありのまま』と『婚活』との狭間で揺れる女性です。

【気が付くと男とマウンティングしちゃってるU菜さん(35歳・出版)】

――『ありのまま』がどうしてもやめられなくて困ってるんですよね。

U菜:そうなんです。わたし、もともと、ゴシップ系の男性誌の編集をしていて、その弊害だと思うんですが、本当にゲスい話しかできないんですよ。孤独死するのなんてまっぴらごめんなんで、絶賛婚活中で、こないだも警視庁の人たちと合コンしたんですが、気が付くと新宿二丁目の売り専バーとか、松屋のプレミアム牛丼について語ってるんですよ。オシャレなダイニングバーなのに。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.