恋愛情報『寂しすぎて会社以外に飲み屋3軒バイト、帰り道はコンビニを5軒ハシゴする30歳女の闇――知られざる女の真実Part14』

2015年4月14日 18:00

寂しすぎて会社以外に飲み屋3軒バイト、帰り道はコンビニを5軒ハシゴする30歳女の闇――知られざる女の真実Part14

寂しすぎて会社以外に飲み屋3軒バイト、帰り道はコンビニを5軒ハシゴする30歳女の闇――知られざる女の真実Part14

長く付き合った恋人に、自分から別れを告げるのはつらいものです。新しく好きな人がいて、そちらに行くためであったり、また、付き合ったことを後悔するくらい、大嫌いになっての別れであれば、それほど心も痛まないかもしれませんが、そうではない場合は、“相手への情”や“ひとりになることへの不安”が邪魔をして、なかなか踏ん切りがつかなかったりもします。今回登場いただくのは、1年半付き合った恋人に別れを告げたばかりだという女性。なぜ彼女は踏ん切りをつけることができたのでしょうか。

【寂しがりすぎて、ひとりでまっすぐ家に帰れないY子さん(30歳・会社員)】
Y子:最近、9歳年下の学生の彼氏と別れたんです。すぐに「結婚したい」とかいうくせに、現実が見えてなくって。だって、今からようやく就職活動で、なのに「海外に行きたい」とかも言ったりして、全然、信用できないじゃないですか。

――さすがに何年も、待ってる余裕はないですよね。どういう感じで別れたんですか?

Y子:そう。1年半くらい付き合ってて、ほぼ毎日会ってたんですよ。ちょっと恋愛依存症っぽいところがある人で。けど、最近、わたしに、趣味の音楽を通じて知り合った友達ができて、面白い人達で、よく遊ぶようになったんです。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.