恋愛情報『同棲中のお財布は分けるべき? 共同生活がうまくいく「お金」について考える』

2015年8月21日 15:00

同棲中のお財布は分けるべき? 共同生活がうまくいく「お金」について考える

同棲中のお財布は分けるべき? 共同生活がうまくいく「お金」について考える


第9回家計の分担問題

結婚をして夫婦となった場合には、家計を同じにするのが一般的とされていますが、同棲の場合は家計を別にすることが多いそうです。しかし、家計を別々にしていたとしても、なんだかんだと金銭的な問題が生じるもの……というわけで、今回はふたり暮らしの家計問題について考えてみたいと思います。

家計を一緒にするのはやめたほうがいいかも
カップルで暮らす場合、2人で使うお金を管理する方法は何通りかあると思います。

ひとつは毎月それぞれが決まった金額を家計に入れて、その中でやりくりをするいわば“共同財布方式”で、もうひとつは、家賃は相手、光熱費はこちら、日常生活品は……というふうに項目別に分ける“項目別分担方式”です。もちろん、完全にすべての収入を合致させ“家計を同じにする”という方法もありますが、夫婦であっても離婚が珍しくない昨今、後々揉めるリスクを考えたら、基本に準じて、会計は別々にしておいたほうがいいかもしれません。

もちろん、「家計を一緒にするメリット」もないわけではありません。やはり家計はひとつにしたほうが、互いの無駄遣いが減り、貯蓄がしやすいという点もあります。ただし、「一緒に住むことを決意したパートナーが信頼できない……」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.