恋愛情報『同棲中のお財布は分けるべき? 共同生活がうまくいく「お金」について考える』

2015年8月21日 15:00

同棲中のお財布は分けるべき? 共同生活がうまくいく「お金」について考える

というのは非常に悲しいことですが、男女の別れ際というのは、相手の思いも寄らない本性に触れることがあります。

わたしが知っている限りでも、女性側の心変わりで別れを切り出された男性が、腹を立てて共有の貯金を全部持っていったケース、それどころか家にあったブランド品までも売っぱらってしまったケースがありました。女性側に「一緒に住むまでしたのに、心変わりした」という負い目がある以上、「これで綺麗さっぱり別れられるのなら……」と泣く泣く諦めた、という事例も多くはないものの、数件は目撃しているので、近い将来、入籍することが決まっていたり、「〇〇円まで溜まったら結婚をする」という目標がない限り、家計を一緒にするのは、やめておいたほうがいいかもしれません。

共同財布方式と項目別負担方式
さて、では、“共同財布方式”と“項目別負担方式”のどちらがいいか、というと、それは個々のカップル次第としかいいようがありませんが、それぞれのデメリットとメリットをご紹介したいと思います。“共同財布方式”の場合は、おおよそ掛かるお金を予想して、それぞれの取り決め分を財布に入れるため、不公平感が出ないというメリットがあります。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.