恋愛情報『「母」になってしまった親友と心が一つになる瞬間』

2016年6月7日 21:00

「母」になってしまった親友と心が一つになる瞬間

目次

・鳴り止まないSNS通知
・増える“イクメン”
・頑張ってるアピールに勤しむパパたち
・お母さんたちの“育児コミット”との違い
・男性の育児SNSは基本自分が主人公
・「褒めて褒めて!」SNSはちょっと控えめに
「母」になってしまった親友と心が一つになる瞬間

鳴り止まないSNS通知

2016-6-7-moyamoyanikki


漫画/田丸こーじ

増える“イクメン”

“イクメン”という言葉もすっかり浸透した今日この頃。男性も積極的に家庭へ参加し子育てを担うことがよしとされ、テレビではパパタレントがCMやバラエティで好感度を振りまいています。企業によっては男性社員も育休を取得できたり、勤務時間の短縮が可能になったりしているそうです。素晴らしいですね。でも逆説的に考えると“イクメン”という言葉がある限り、男性が子育ての一端を担うことはやっぱり「特別なこと」なのかなあと思ってしまいます。

頑張ってるアピールに勤しむパパたち

男性の子育てへの参加は、まだまだ障害も多いことでしょう。家庭的であることは社会的な地位の承認とは関係がない、むしろ障壁でさえある雰囲気もあります。同年代はともかく、おじさん上司世代の理解は浅い場合が多く、まだまだ、男性の育児参加へのハードルは高いです。それでも周囲を見ていると、毎朝ママチャリで子どもたちを幼稚園へ送り届けているとツイートしていた知人もいるし、休みの日には公園で遊んだ姿をフェイスブックにアップしていた同級生もいるし、それぞれの努力によって素敵なパパを頑張っていることに感心してしまいます。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.