恋愛情報『女性の11人に1人が「同性も恋愛対象」 最近バイセクシャルが増えているって本当?』

2016年8月12日 15:00

女性の11人に1人が「同性も恋愛対象」 最近バイセクシャルが増えているって本当?

目次

・さみしすぎてレズ風俗に?
・男性とのセックスにすれ違いを感じて
・女性の11人に1人が「同性が恋愛対象」
・女性のバイセクシャルが増えている
・日本でも拡大しているLGBT層
女性の11人に1人が「同性も恋愛対象」 最近バイセクシャルが増えているって本当?

男性の性経験なしの割合36.2%。女性の性経験なしの割合38.7%。

2010年の第14回「出生動向基本調査」ではこのような結果が出ています。2005年の前回調査に比べると男性が約5ポイント、女性が約3ポイントも増加。最近では作家の中村淳彦さんが「中年童貞」の問題を取り上げたり、若者の童貞率の増加を憂う記事の見出しが踊るなど、日本の「セックス離れ」の現状が頻繁に伝えられています。

さみしすぎてレズ風俗に?

そんななか、あるマンガが注目を集めているのをご存知でしょうか?

それは永田カビさんによる『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)。異性との性経験がいっさいないことに悩んでいた著者が「セックスを経験してみたい」「女性に抱きしめられたい」と意を決してレズ風俗店を予約し……という体験をもとに描かれたこの漫画。もともとpixivというイラストコミニュケーションサービスに投稿され、閲覧数480万を突破。その人気を受け、書籍化に至りました。

この著者が行ったレズ風俗店は大阪でも10年近く続く老舗店。一方、東京でも「レズ風俗店」が急増しているそうです。筆者が都内のとあるレズ風俗店の経営者に聞いたところ、現在都内にある女性向け風俗店は20店舗以上。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.