女性の11人に1人が「同性も恋愛対象」 最近バイセクシャルが増えているって本当?

2016年8月12日 15:00
 


男性の性経験なしの割合36.2%。女性の性経験なしの割合38.7%。

2010年の第14回「出生動向基本調査」ではこのような結果が出ています。2005年の前回調査に比べると男性が約5ポイント、女性が約3ポイントも増加。最近では作家の中村淳彦さんが「中年童貞」の問題を取り上げたり、若者の童貞率の増加を憂う記事の見出しが踊るなど、日本の「セックス離れ」の現状が頻繁に伝えられています。

さみしすぎてレズ風俗に?

そんななか、あるマンガが注目を集めているのをご存知でしょうか?

それは永田カビさんによる『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)。異性との性経験がいっさいないことに悩んでいた著者が「セックスを経験してみたい」「女性に抱きしめられたい」と意を決してレズ風俗店を予約し……という体験をもとに描かれたこの漫画。もともとpixivというイラストコミニュケーションサービスに投稿され、閲覧数480万を突破。その人気を受け、書籍化に至りました。

この著者が行ったレズ風俗店は大阪でも10年近く続く老舗店。一方、東京でも「レズ風俗店」が急増しているそうです。筆者が都内のとあるレズ風俗店の経営者に聞いたところ、現在都内にある女性向け風俗店は20店舗以上。ここ数年内に活動を本格的にしている店が多いとのことです。

男性とのセックスにすれ違いを感じて

しかも、利用客の半分はいわゆる「ストレート」、つまり異性愛者の女性らしいのです。なぜ、異性が恋愛対象だった女性が、同性と性経験をしようと思い立つのでしょうか?

原因の一つとして考えられるのは、「セックスにおける男性とのすれ違い」だといいます。

「最近の男性はAVがセックスの教科書。そういうAV的なセックスをされて感じることができず、自分は男性が好きじゃないのかも、と考えて来店するお客さんもいます」(レズ風俗店経営者)

さらにレズ風俗店で働く女性もほとんどが「女性経験なし」。スタッフの女性のひとりに話を聞くと、「もともと女性同士がいちゃいちゃしたりすることに違和感がなく、バイセクシャルっぽいところがあるのかと思っていたので、『レズ風俗』の存在を知り、やってみようと……」といいます。

女性の11人に1人が「同性が恋愛対象」

では、実際に日本のレズビアン事情、そしてバイセクシャル事情はどうなっているのでしょうか?

相模ゴム株式会社が行った2013年の調査で「あなたの恋愛対象を教えてください」という項目では、異性と答えた割合は男性平均で93.6%、女性平均では89.8%。そして同性を選んだ割合は男性が4.9%、女性が7.1%。さらに、30代、40代の女性ではこの割合は8.5%に上ります。つまり、30代〜40代の女性の11人にひとりが女性を恋愛対象にしているということになります。

ちなみに、恋愛対象を「男女」と回答した割合がもっとも多かったのは20代女性の5.3%でした。友人の「ゲイ」の話を聞いたり、あるいは新宿2丁目でゲイのママさんが商うお店で飲んだり……という機会はあれど、レズビアンの話を聞く機会はなかなかないもの。

男性よりも女性の方が同性愛者の割合が多いという事実は、意外ではないでしょうか?

女性のバイセクシャルが増えている

では、海外の事情はどうでしょうか?

「U.S National Survey of Family Growth」が2011〜2013年にかけて行った研究によれば、同性愛の割合は前回調査(2006〜2010年)に比べて男女ともに0.1ポイント増加。女性は1.3%、男性は1.9%という結果になっています。

「同性愛」では男性の方が女性よりも多いことがわかりますが、注目すべきは「バイセクシャル」と答えた割合。男性は前回調査1.2%から2%に増加、女性は3.9%から5.5%に増加しています。女性のバイセクシャルの割合は男性の2倍以上。さらに、男女どちらに性的魅力を感じるかという調査では、「どちらも」と答えた割合が男性0.8%に対し、女性は3.2%と約4倍です。

また、CDC(アメリカ疾病予防管理センター)の「National Health Statistics Report」によれば女性で「自分は異性愛者」と答えた割合が92.3%であるのに対し、「同性との性的経験がある」と答えたのは17.4%。およそ10%の異性愛者の女性が、女性と性的経験をしていることになります。

女性のバイセクシャルの傾向、あるいはそれをはっきりと自認しないまでも「同性である女性に魅力を感じる」という傾向は明らかに存在します。こういった研究結果については俳優や映画監督、アーティストなどの有名人によるバイセクシャルのカミングアウトが影響しているとも推測がされています。

日本でも拡大しているLGBT

日本に関しては、それに加えてLGBTへの理解が広まってきたことも理由の一つと考えられます。昨年11月には渋谷区で「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」に基づき「パートナーシップ証明」の発行が始まりました。これは同性間のパートナー同士を異性間の婚姻とほぼ同等の関係として証明するもの。

これまで同性のパートナーと住まいを探す際や病院で間柄を尋ねられた際に関係を証明する術のない同性愛者にとって、これは非常に重要な出来事となりました。

電通ダイバーシティ・ラボの「LGBT調査2015」によればLGBT層の比率は7.6%。2012年調査の5.2%よりも拡大しています。この調査においてLGBT層が増えたのは、前回調査よりも細分化してセクシャリティを分類したために、今までに見えなかった層が浮かび上がったとされています。

今後LGBTへの理解が進み、セクシャリティの多様さが受け入れられていけば、今まで見えなかった女性の同性愛的傾向がより明らかになっていくかもしれません。

(安仲ばん)

新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.