恋愛情報『独身女性の2人に1人が「恋人いない」 ちょっと特殊な日本の恋愛事情』

2016年9月24日 13:00

独身女性の2人に1人が「恋人いない」 ちょっと特殊な日本の恋愛事情

目次

・「独身・交際相手なし」が1.5倍に
・そもそも望んでいない?
・「恋愛に興味がない」は本当?
・「社交的でない人」が急増している
独身女性の2人に1人が「恋人いない」 ちょっと特殊な日本の恋愛事情

独身で交際相手のいない男女の割合が過去最高に。

9月15日に公表された「第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)」で驚くべきデータが明らかになりました。

「独身・交際相手なし」が1.5倍に

異性の交際相手ないない未婚者の割合は、年々増加傾向にありましたが、今回の調査では男性が69.4%、女性は59.1%となり、男性は8.4ポイント増、女性で9.6ポイントも増。女性の場合、独身の約1.7人に1人が誰とも付き合っていないという状況です。1987年の第9回調査と比べると、男性は約1.4倍、女性は約1.5倍の増になります。

一方、外国に目を向けてみるとお隣の韓国では「現在婚約者、または恋人がいる」割合は2010年から2015年の間に3.4ポイント増加し40.8%に、アメリカでも2.8ポイント増の40%に推移しています(内閣府「少子化社会に関する国際意識調査報告書」より)。

なぜ、日本では30年の間に独身男女がこれほどまでに異性と交際しなくなったのでしょうか?それとも「交際できない」理由があるのでしょうか?今回は最新の調査からそのわけを探っていきます。

そもそも望んでいない?

まずは「交際相手がいない」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.