恋愛情報『「本当に私でいいの?」昔は“重い女”だった私が彼に言わないこと』

2018年4月27日 22:02

「本当に私でいいの?」昔は“重い女”だった私が彼に言わないこと

という事実があります。

内心ビビりながらも、自信満々に物事を進めている自分をイメージして、理想像の自分を演じる……というやり方です。

例えばコンサルタントという職種は、素人同然の状態でプロジェクトに参画して、プロフェッショナル面をしながら必死に知識を身につけて最終的には価値を出す……ということはよくあることです。

よく言われる「なりたい自分として振る舞っていれば、なりたい自分になれる」は嘘じゃないと、俺は思います。

「重くないように」「自信を持っているふうに」

そういうふうに振る舞っているいまのあなたは、この方向性で進めていると思います。

ひとつだけ言うと、その自分を楽しんでください。「本当の自分」なんて存在しないんだから、無理して自分を偽っていると捉えずに、そういうふうになれている自分を褒めて、楽しんで、その自分でいることを誇りに思ってください。ここが最も重要なポイントだと感じています。

あなたが、“自分がなりたい自分”に、徐々になれているという事実に気づいてほしいんです。

「私と付き合えて良かったね!」と心の中で言ってみる

それでは最後にエクササイズを残して終わりにしたいと思います。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.