恋愛情報『「女友達の恋愛の悩みが、全部詰まってる」映画【寝ても覚めても】』

2018年9月7日 18:45

「女友達の恋愛の悩みが、全部詰まってる」映画【寝ても覚めても】

目次

・未消化の恋愛はリスクをはらんでいる
・恋の始まりに理由はない
「女友達の恋愛の悩みが、全部詰まってる」映画【寝ても覚めても】

同じ顔をした2人の男と、そのあいだで揺れ動く1人の女の8年間を描いた映画『寝ても覚めても』(濱口竜介監督)。公開に先駆けて、8月16日に一般試写会が行われました。

愛の衝動ゆえに何度もスリリングな展開が待ち受ける本作。まだ余韻の覚めない場内で開催されたアフタートークには、映画ソムリエの東紗友美さんと、恋バナ収集ユニット・桃山商事の清田隆之代表が登壇。

物議を醸すであろうヒロイン・朝子の行動や、この映画を通して感じた「恋愛の本質」など、さまざまな話題が展開されたイベントの一部を前後編に分けてお届けします。

試写会後のアフタートークに登壇した、東さん(左)と清田さん(右)

【主演・東出昌大さんインタビュー】

前編:東出昌大さんが思う「大人の恋愛」って?
後編:東出昌大・一人二役に初挑戦

未消化の恋愛はリスクをはらんでいる

「この映画には、私が今まで女友だちに聞いてきた恋愛の悩みが、全部詰まっています」と東さん。中でも印象的だったのが「未消化の恋愛」の描き方だと話します。

「恋が終わったとき、友だちに相談すると“新しい人を見つけなよ”とアドバイスされることが多いですよね。それはひとつの正解だと思いますが、気持ちが切り替わらないうちに次の恋愛に進むのはけっこう危険だと、朝子を見ていて思いました」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.