恋愛情報『2度目は婚前契約を決めていた理由「気持ちの清算には”妥協”しかなかった」』

2018年10月27日 21:45

2度目は婚前契約を決めていた理由「気持ちの清算には”妥協”しかなかった」

目次

・最初に話し合いができないなら、その後はもっとできない
・離婚で心に残ったわだかまり
・婚前契約は気持ちが盛り上がっている時に
2度目は婚前契約を決めていた理由「気持ちの清算には”妥協”しかなかった」

結婚前にちゃんと話し合ったつもりでも、いざ生活が始まると意外と「こんなはずじゃなかった……」は起こってしまうもの。

そのような“まさか”の事態にも揺るがない自分でいるために、これから結婚を考えている人たちに選択肢のひとつとして知ってほしいのが“婚前契約”です。一部のセレブリティが莫大な慰謝料を手にするため……というイメージがある人も多いと思いますが、実際に交わした人に聞いてみると「よりよいパートナーシップのため」という一面もあるようです。

今回は、10月27日23時放送のAbemaTV『Wの悲喜劇〜日本一過激なオンナのニュース〜』で「急増中!契約結婚するオンナたち」にリアル経験者として出演する、ミュージシャンのSILVAさんに「婚前契約書を交わしたきっかけ」について話を聞きました。

「急増中!契約結婚するオンナたち」に出演したSILVAさん

最初に話し合いができないなら、その後はもっとできない

——夫婦、家族というと、結婚してから作っていくイメージがあって、結婚前から生活についてルールを決めるって意外と盲点でした。

SILVAさん(以下、SILVA):最初に話し合えないと、あとは下降していくのみですよ。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.